セミナー・シンポジウム

福島県新地町 平成27年11月18日開催 「平成27年度 新地町ICT活用発表会」のご案内

2015-11-15

福島県新地町は、“ICTを活用して学びの質を高め、21世紀を生き抜く力を育てる授業”をテーマにした公開授業「平成27年度 新地町ICT活用発表会」を、平成27年11月18日に新地町の各学校にて開催します。

福島県新地町は東北地方において、平成22年度より「地域雇用創造ICT絆プロジェクト」、平成23年度からは「学びのイノベーション事業」「フューチャースクール推進事業」と、いち早く各普通教室に電子黒板を配備し、児童生徒に1人1台規模でタブレットPCを配備してきました。新地町には3つの小学校と1つの中学校(合計4校)がありますが、全ての学校で機器を整備するとともに、現在、ICT支援員を10名配備し、手厚い体制で日々の授業、及び実証、研究に取り組んでいます。

 平成26年度からは、新たに文部科学省の「先導的な教育体制構築事業」、総務省の「先導的教育システム実証事業」に採択され、東京都荒川区、佐賀県とともに実証地域の一員として、他の27の協力校、ドリームスクール11地域とともにクラウドを活用した各種の実証研究も開始しました。
 本年度は、その成果の中間報告として全ての学校で広く授業を公開したいと考えています。これからタブレットPCや電子黒板、ICT支援員を導入して情報化を行おうとしている自治体や学校、あるいは既に各種の活用を行っている皆様にも、新地町で得られた多くの知見や反省は参考になるものと考えられます。
 公開授業では、反転授業や協働学習、海外との交流授業、最新技術AR(拡張現実)を活用したものなど、各種の授業をご覧いただくことができます。
 シンポジウムでは目白大学 原 克彦教授、東北学院大学 稲垣 忠准教授を迎え、教育委員会、各学校の代表者とともにパネルディスカッションを実施します。

 「平成27年度 新地町ICT活用発表会」は以下の日程で開催します。


【大会概要】
名称   : 平成27年度 新地町ICT活用発表会
概要   : 新地町ICT活用発表会二次案内.pdfをご参照ください。
       https://kyoiku.shinchi-town.jp/?page_id=100
日時   : 平成27年11月18日(水)13:00(受付開始12:30)~16:30
主催   : 新地町教育委員会
研究テーマ: 「ICTを活用して学びの質を高め、
        21世紀を生き抜く力を育てる授業」
場所   : ●公開授業
        13:10~13:55 福田小学校、新地小学校、駒ケ嶺小学校
        13:10~14:00 尚英中学校
       ●シンポジウム
        14:30~16:00 尚英中学校体育館
       ●ICT展示会
        12:30~16:30 尚英中学校体育館
       (実証事業や普段の授業で活用しているソフトウェア、機器、
       サービス等をほぼ全てご覧いただくことができます。)
お申込み : ご参加にあたっては10月30日(金)までに新地町教育委員会の
       Webサイトから参加申し込みをお願いいたします。
       https://kyoiku.shinchi-town.jp/
       ※サイト左側の「メニュー」から「ICT活用発表会申し込み」の
        ページをクリックし、必要事項を記入の上、
        お申し込みください。確認画面での「決定」の
        クリックし忘れにご注意ください。


【福島県新地町について】
 福島県新地町は面積46.35km2、人口約8千人で、小学校3校、中学校1校の小規模な自治体です。
 宮城県との境、海辺に位置する自治体であり、2011年3月11日の東日本大震災では、津波による被害を受け、多くの被害を受けました。現在は、その教訓を活かし、非常時にも機器を利用して情報発信ができるよう、各学校に太陽光発電、及び蓄電池の設備を備えました。そして、普段から地域との連携ができる学校づくりを行っています。


【これまでの主な取り組み、発表、成果など】
・平成22年度 総務省「地域雇用創造ICT絆プロジェクト」採択(小学校3校)
・平成23年度 総務省「フューチャースクール推進事業」、文部科学省「学びのイノベーション事業」採択(尚英中学校)
・平成24年度 総務省「フューチャースクール推進事業」、文部科学省「学びのイノベーション事業」採択(尚英中学校)
・京都-福島 金環日食同時観測プロジェクト(京都府立洛北高等学校付属中学校-尚英中学校)5月21日
・「学びのイノベーション&セキュリティフェア」(ISEN主催)分科会発表5月26日
・平成24年度 「情報通信月間総務大臣表彰」6月1日
・平成26年度 文部科学省「先導的な教育体制構築事業」、総務省「先導的教育システム実証事業」に採択。平成28年度までの3年間、新地町の全学校(福田小学校、新地小学校、駒ケ嶺小学校、尚英中学校)で実施中。

2015年4月7日(火)開催 日本財団CANPAN・NPOフォーラム開催読む!報告書「共助社会づくりの推進について」を~新たな「つながり」の構築を目指して~の読書会 

2015-03-27
2015年3月12日に内閣府の共助社会づくり懇談会から
出された報告書『共助社会づくりの推進について
~新たな「つながり」の構築を目指して~』を
対象にした勉強会を開催します。
日 時:2015年4月7日(火)19:00~20:45(開場18:45)
場 所:日本財団ビル1階ホール
対 象:共助社会づくりに取り組んでいる、興味・関心のある方なら、
    NPO、企業、行政などのセクターに関わらず、
    どなたでも参加可能です。
定 員:40名
参加費:1,000円(コーヒー付き) ※事前決済申し込み、キャンセル不可
主 催:日本財団CANPANプロジェクト
http://blog.canpan.info/cpforum/archive/226
★★★お申し込みはこちらから★★★
http://canpan20150407.peatix.com
※お申し込み後、Peatixからメールが届きますので、必ず確認してください。

2月28日(土) フロンティア・デザイン・フォーラム@立命館東京キャンパス

2015-02-17
このフォーラムは、立命館大学産業社会学部の大学院である社会学研究科と、半農半Xのコンセプトで知られる塩見直紀さんが関わられているソーシャル大学の「綾部里山交流大学・東京校」によるユニークなジョイント・イベントです。
「フロンティア・デザイン」とは、農山村地域を、日本社会をも変えうるような、様々な可能性を持つフロンティアとして捉え直すデザイン思考の試みです!
東京駅北側すぐのサピアタワーにある立命館東京キャンパスにて、午後12時半からの開催です。会場の定員や、分科会の開催の準備のためもあって、事前のお申し込みをお願いしています。また、資料代として1000円をお願いしています。
今回も事例報告にあたって、多彩な素晴らしいゲストをお招きしています。
1)嵩 和雄さん(ふるさと回帰支援センター副事務局長)
若者の農山村地域への積極的参入となりわいづくりについて
2)森山 忍さん(ふるさと島根定住財団)
島根県の興味深い「半農半X」施策について
3)三重県の地域資源バンクNIU 代表の西井 勢津子さん
ご自身の取り組み内容について
4)前回参加いただいた横田親さんから代表を引き継がれたローカルキャリアカフェ現代表の川人 ゆかりさん
ローカルキャリアカフェの取組みの最前線について
それぞれご報告をいただく予定です。そして、これらをふまえて、以下の4つの分科会を予定しています。
・第1分科会 テーマ「地域ツーリズムによるフロンティア・デザイン」
 ゲスト:川人 ゆかりさん
・第2分科会 テーマ「若者の農山村参入によるフロンティア・デザイン」
 ゲスト:嵩 和雄さんと森山 忍さん
・第3分科会 テーマ「地域ビジネスによるフロンティア・デザイン」
 ゲスト:西井 勢津子さん
・第4分科会 テーマ「綾部でフロンティア・デザイン!」(綾部に特化した分科会)
コーディネーター:山崎 善也・綾部市長と塩見 直紀さん
これらのゲストやコーディネーターの方々と1時間たっぷり意見交換したり、悩み・疑問を相談したりする絶好の機会です!
第3部では、これら分科会での議論を踏まえてのパネルディスカッションを行い、もう少し全体で理解を深めてみたいと思います。
要、事前申し込みです。
申込先やその他詳細につきましては、フェイスブックの告知ページをご覧ください。

1月21日(水)第5回パークマネジメントと次世代公園研究会の月例セミナー 「公園と運動やスポーツイベント及びスポーツ施設、競技場」

2015-01-19

少子高齢化の中での公園の質的向上のひとつに運動や健康を意識した整備や施設が創られ、併せて活用のプログラムの充実などが求められるようになってきました。
またランニング人口などの増大とともに足への負担が少ない周遊コースやランニングステーション、夜間照明などの整備もPPPなどの公民連携が求められてきています。都市公園や近隣公園でも最近は子供の遊具から運動遊具、リハビリ遊具などへの転換も行われてきています。
こうした市民の健康のための運動機能の他にもプロスポーツなどの球場、体育館などの運動公園や競技場の多くも公園の敷地内中に整備されてきましたが、今日、その老朽化やプログラムづくりなどの整備や運営、有効活用に於いて資金調達など多くの課題を産んでいます。(文化施設に於いても同様)
2020年の東京オリンピックのための競技場整備とその後の施設オペレーションにおいても一時の過剰投資へのスポーツ施設への持続的経営に対して疑問が投げかけられています。
公園の管理と合わせて高度な競技場スポーツ団体やコミュニティのあり方、公園を活用した健康スポーツプログラムやスポーツイベントの開催、プロチームとの連携など民間の知恵を上手く活用していく必要があります。

第5回の研究会ではこうした問題と市場機会をテーマに有識者やスポーツ団体経営者、スポーツプログラム構成者、公園、スポーツ施設建設事業者やコンサルタント、イベント事業者、スポーツメディア、ネーミングライツやCSRによる協賛企業などの様々な立場の方々を講師にお招きし次世代公園とそのマネジメントを考えます。

◆詳細・お申込は⇒ http://www.town-college.com/udx/search/001268.php

※facebookイベント ⇒ https://www.facebook.com/events/1507893672821156/
(1/21日開催の研究会。参加するか未定を押して頂ければ最新情報が送られます。)

◆日 時 : 平成27年1月21日(水) 17:00~19:30
◆会 場 : 東京都千代田区外神田4-14-1 (JR秋葉原駅前)
秋葉原UDX4F UDXギャラリーNEXT3
◆参加費 : 無 料 (どなたでも参加いただけます)
◆テーマ:「公園と運動やスポーツイベント及びスポーツ施設、競技場」

1月30日(金)学芸セミナー@東京『スマート・テロワール-農村消滅論からの大転換-』

2015-01-19

*曖昧な活用の100万haの水田を畑地に大転換すれば
*農村は15兆円産業を創造できる
*美しく強靱な農村自給圏の構想

構想の鍵は、余っている水田の畑地への思い切った転換と、そこで育てた作物を域内の既存の工場で加工すること。そして消費者に新鮮なうちに届け、最高の味を提供するとともに、流通コストを抑え、「日常食品」で輸入原料による全国ブランド商品と対抗することです。

ポテトチップス事業で契約栽培を推進し市場価格の30%オフを実現したイノベーター、カルビー元社長、NPO法人「日本で最も美しい村」連合副会長の松尾さんの「辺境からの変革」の提案をお聞きください。

ゲストは『シビック・アグリカルチャー ― 食と農を地域にとりもどす』の訳者・北野収氏。構想実現のために何をすべきか、具体的な行動について会場の皆さまとも議論したいと思います。

日時:15年1月30日(金曜日)
18時00分開場、18時30分開演~20時30分頃まで
場所:東京/ちよだプラットフォームスクエア
会費:1000円、定員70名(先着順)
『スマート・テロワール』ご持参の方、会場でお買い上げの方は500円
交流会/終了後、同会場で簡単な交流会を予定、1000円
詳細&申込
http://www.gakugei-pub.jp/cho_eve/1412sma/index_tokyo.htm

○松尾雅彦さん
1941年、広島市生まれ、1965年、慶應義塾大学法学部卒業、1967年、カルビー株式会社入社、1992年、同社社長就任、2006年、同相談役。
NPO法人「日本で最も美しい村」連合副会長、新品種産業化研究会(JATAFF内)会長、スマート・テロワール協会会長。

○北野収さん
獨協大学外国語学部交流文化学科教授。コーネル大学で修士号(国際農業開発論)と博士号(都市計画学)を取得。農林水産省、日本大学などを経て現職。現在の専門は開発社会学、地域づくり論、NGO研究。主な著書に『南部メキシコの内発的発展とNGO』(勁草書房、2008、日本NPO学会賞優秀賞、日本協同組合学会賞学術賞)など

1月31日(土曜日)東北食農研/第7回 「ふゆみずたんぼ」が人と自然をつなげる ~大崎市蕪栗沼の農家の取組みと企業との連携~

2015-01-09

大崎市蕪栗沼では、その周辺の水田(約20ha)に冬期間水を張り、渡り鳥の休息の場として提供するとともに、春から秋にかけては無農薬・無化学肥料で米を栽培し、人と渡り鳥との共生を目指した取組み「ふゆみずたんぼ」が行われています。
また、「ふゆみずたんぼ」は一ノ蔵が酒米に使用し、「ふゆみずたんぼ」のブランド向上のサポートをしています。
今回は、蕪栗沼の農家である西澤誠弘さんに「ふゆみずたんぼ」の取組みをご紹介いただくとともに、農家と企業とのつながりについてもお話しをいただきます。ご発表の後、参加者からの質疑応答、意見交換もござます。

日 時 2015年1月31日(土曜日) 17:05受付開始 17:15研究会開始
18:45研究会終了

会 場 青葉区中央市民センター 第5会議室
仙台市青葉区一番町二丁目1番4号(りそな銀行仙台支店の裏手/文化横丁そば)
http://www.sendai-shimincenter.jp/aoba/aobachuou/index.html

会 費 1000円

参加申込 下記のらくらく参加フォームからお申込みください。「勉強会名」を「1/31東北食農研」としてください。

(SSL暗号化対応)

https://form.os7.biz/f/4da7401d/

12月9日(火)第27回KNSコミュニティスポット2525のご案内

2014-12-05

関西ネットワークシステム(KNS)では、阪神電気鉄道様のご協力により、全国各地で活動するキーパーソンをお迎えして交流を深めるトークイベント「コミュニティスポット2525」を開催しています。

次回の第27回は、NPO法人ミラツク代表理事の西村勇也さんにお越し頂き「ソーシャルイノベーションを加速するプラットフォームづくり」と題して話題提供いただき、イノベーションを生み出すための「場づくり」について一緒に考えたいと思います。

西村さんは、対話(ダイアローグ)を通じて、立場を異にする人たちの間に協力関係を生み出し、よりよい社会に向けたイノベーションを生み出す活動として、組織と分野を超えたネットワークを築いて多彩なワークショップを運営されています。

どなたでも参加いただけますので、ぜひご関心ある方はハービスプラザにお越しいただければと思います。

■日 時:2014年12月9日(火)
会 議:19:00~21:00(開場:18:30)
交流会:21:00頃~
■場 所:ハービスPLAZA 5F会議室
(大阪府大阪市北区梅田2丁目5-25)
(地図)http://www.herbis-kaigi.com/

■会 費 : 参加費1,000円、 交流会費3,000円程度

■テーマ:「ソーシャルイノベーションを加速するプラットフォームづくり」

■話題提供者:NPO法人ミラツク代表理事 西村 勇也(にしむら ゆうや)さん
http://emerging-future.org/

【プロフィール】
大阪大学大学院にて人間科学((Human Science)の修士を取得。人材育成企業、
(財)日本生産性本部を経て、2008年より開始した『ダイアログBar』の活動を
前身に2011年にNPO法人ミラツクを設立。
Emerging Future we already have(既に在る未来を手にする)をテーマに、
社会企業家、企業、NPO、行政、大学など異なる人たちが加わる、セクターを
超えたソーシャルイノベーションのプラットフォームづくりに取り組む。

12月13日(土)第47回関西ネットワークシステム(KNS)定例会in京都造形芸術大学 第14回岩手ネットワークシステム(INS)in関西   テーマ【多くの人たちの幸せのために必要な芸術の力】

2014-11-25

関西ネットワークシステム(KNS)では、「産学官民連携はコミュニケーションからはじまる」をテーマに、年4回開催する定例会をはじめ、研究会活動、ミニ井戸端会議など、約12年の間に720回を超える活発な活動を行い、様々な形で産学官民メンバーの交流を深めてきています。
47回目の定例会は、京都造形芸術大学の多大なご協力により、KNSにとって初めての芸術系大学での開催が実現しました。「多くの人たちの幸せのために必要な芸術の力」をテーマに盛大に開催したいと思います。
また、毎年恒例で今年で14回目を迎える「岩手ネットワークシステム(INS)in関西」としても開催いたします。

同大学が有する多様なシーズをご紹介いただくとともに、普段交流が少ないもの同士互いにコミュニケーションを深めることで、分野を超えた新たな出会いが生まれるものと期待しています。
そして、本番の交流会では、「K=必ず、N=飲んで、S=騒ぐ会」の異名にふさわしく、師走の京都で大いに異分野交流を楽しみたいと思います。
メンバーの有無にかかわらず、どなたでも参加いただけますので、ご関心ある方はぜひご来場下さい!!

詳細URL:http://www.kns.gr.jp/schedule/1301.html

 

 

■日時:2014年12月13日(土)13:00~20:00(受付開始12:30)
■会場:京都造形芸術大学 春秋座
京都市左京区北白川瓜生山2-116 京都造形芸術大学内
京都芸術劇場
http://www.k-pac.org/access.html
■参加費:1,000円(交流会参加の場合4,000円)
学生・院生は半額
■主催:関西ネットワークシステム(KNS)
岩手ネットワークシステム(INS)
■共催:京都造形芸術大学、京都芸術デザイン専門学校
■後援:京都市

■参加申込み

参加ご希望の方は、イベント名欄に「12/13 第47回定例会」と明記の上、  下記サイトよりお申し込み下さい。
http://www.kns.gr.jp/entry.html

12月16日開催 KCCI企業家カレッジ 運輸港湾業部会主催セミナー自分の可能性を求めて

2014-11-14

2020年東京オリンピック・パラリンピック招聘にご尽力された、パラリンピック金メダリストの成田真由美氏(川崎市在住)を講師に迎え、ご自身の体験をもとにお話しをご講演いただきます。

○日  時 12月16日(火)
セミナー 15:30~16:50
懇 親 会 17:00~18:30

○会  場 川崎商工会議所 2階 KCCIホール
(川崎市川崎区駅前本町11-2 川崎フロンティアビル)

○講  師 成田真由美氏
○定  員 80名(先着順)

○参 加 費 セミナー 会員:無料 非会員:2,000円
懇 親 会 2,000円/名
※懇親会は、川崎商工会議所の会員限定となります。

○申込方法 下記URLより申込書をダウンロードの上、下記のお
問い合わせ先までFAXにてお申込みください。
URL http://www.kawasaki-cci.or.jp/common/top_info/H261216nari.jpg

◎お問い合わせ先
川崎商工会議所 企画広報部
TEL 044-211-4112 FAX 044-211-4118

9月18日(木)NPO支援コンテンツ・講師見本市 ~優れたコンテンツ(セミナー、ツール、仕組み等)を紹介!~

2014-09-04
NPO支援のための優れたコンテンツ(セミナー、ツール、仕組み等)を持つ団体・講師が集まり、すぐにでも支援策の導入・検討につながる、画期的な見本市を開催します!
社会の変化が大きく、団体の活動も多様であるために、NPO支援側に求められる機能も様々です。特に共益コミュニティ・サークル型のNPOから、社会課題解決・事業推進型のNPOまで混在する、地域の中間支援組織となればなおさらのことです。
初めての試みとして、優れたコンテンツを持つNPO支援のトップランナー団体が集まる、見本市を開催いたします。
今回は「協働」「マーケティング」「助成金・情報発信」「HP作成」「人と組織のマネジメント」に関するコンテンツと講師陣を取り揃えました。
さらに、「NPO法人事務力検定」を全国各地で提供している岡山NPOセンターの石原達也さんをお招きして、岡山NPOセンターの実践についてご紹介いただきます。
すぐにでも導入・検討につながるNPO支援のソリューションを、是非お持ち帰りください。
2014年9月18日(木)13:00~17:00(開場12:45)
日本財団ビル2階会議室
【対 象】中間支援組織関係者、行政のNPO・協働等担当者、研修・コンサルティングの導入を検討しているNPO職員
【参加費】 1,5000円(事前支払い制)
★参加申し込み等の詳細はこちら: http://blog.canpan.info/cpforum/archive/181
<タイムスケジュール>
13:00~13:30
 基調講演:岡山NPOセンターの実践とNPO法人事務力検定
 講師:石原達也さん(岡山NPOセンター)
13:30~16:25
 講師陣によるプレゼンテーション・質疑応答(途中、休憩を挟みます)
  【協働】:NPO法人NPOサポートセンター 田邊 健史
  【マーケティング】:NPOマーケティング研究所 長浜洋二
  【助成金・情報発信】:NPO法人CANPANセンター 山田泰久
  【HP作成】:株式会社KDDIウェブコミュニケーションズ 山本良子
  【人と組織のマネジメント】:NPO法人CRファクトリー 呉 哲煥
16:25~16:40
 ダイアログ「今後のNPO支援に求められること」
16:40~17:00
 交流・名刺交換タイム
参加申し込み等の詳細はこちら: http://blog.canpan.info/cpforum/archive/181
« Older Entries

イベントカレンダー

最新のお知らせ一覧

過去のお知らせ一覧

twitter
Copyright(c) 2011 地活NEWS All Rights Reserved.